スイミングスクール

会員種別② PNG.png

ジュニアスイミングスクール

進級基準はコチラ↓ 

 

pdf 2903進級基準.pdf (0.06MB)

 

【ベビースイミング】

 

保護者の方と一緒に参加するスクールです。

お子様と保護者様のスキンシップにもなりますし

よく眠る、よく食べるなど赤ちゃんの発育や発達にとても良い効果があります。

 

【ジュニアスイミング/幼児・児童クラス】

  

様々な遊びを取り入れながら、水泳を楽しみながら

泳ぎを習得することが目的のクラスです。

水慣れ~背泳ぎまでの基本動作を習得しながら基礎体力向上を目指します。

 

【ジュニアスイミング/児童クラス】

  

水慣れ~バタフライまで細かく段階的に習得

トータル的な身体能力向上も期待できます!!

夏のプール、水泳授業までに泳げるように目指しましょう!!

 

【大人スイミングスクール】

 

泳いだ事のない方も、泳力別・年齢に合わせて段階的にやさしく指導いたします。

健康維持・増進の為にも水泳を楽しく覚えていきましょう!!

 

 

水泳の効果・効用

 

1.ぜん息の改善に効果を発揮

 

スイミングは一定の温度と湿度の温水プールで運動が行われ

水の中で水圧を受けながら呼吸するため心肺機能が鍛えられます。

そのため、ぜん息の発作の回数が減ったり呼吸機能が改善されるなど

効果が期待出来ます。陸上の運動では気道を刺激して、ぜん息の発作を誘発してしまうことが

多いですが、スイミングはぜん息の改善に効果的なスポーツだといえます。

 

2.姿勢がよい子に育つスイミング

 

姿勢が悪くなる原因のひとつは運動不足からくる腹筋の低下です。

前かがみになって勉強したり、ゲームなどの夢中になっているうちに背骨がまがって

姿勢が悪くなったりします。

水泳は全身運動で泳ぐ時には、体を縮めたり、まっすぐ伸ばしたりとあらゆる筋肉を使います。

だから腹筋も強くなるし、背骨もシャキッとして姿勢のよい子に育ちます。

 

3.お子様を肥満から守るスイミング

 

水泳は肥満解消に最適なスポーツです。

肥満児は体を動かすことが苦手です。

運動不足になり、よけい肥満になってしまいます。

肥満気味のこどもは陸上は苦手でも浮力がある水泳は無理なく行うことが出来ます。

 

4.基本的な体力が増強します!

 

日常生活の中で立っているのが苦痛で座り込んでいる若い子をよく見かけます。

身長も伸び体重も増えているのに、持続力がなく基本的な体力がなくなっている証拠です。

それは体の黄色信号です。体が大きいからといって健康のバロメーターにはなりません。

水泳は基本的な体力をつけるので、心の強い本当に丈夫な体をつくります。